ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・医療・福祉 > 保険・年金・医療 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療 > 被保険者証等を再発行するとき「後期高齢者医療制度」

本文

被保険者証等を再発行するとき「後期高齢者医療制度」

記事ID:0006160 更新日:2021年3月5日更新 印刷ページ表示

(注)手続・申請には、各必要書類のほか「本人確認書類」と「個人番号確認書類」が必要です。

申請場所

・市役所(本館)1階 税務・国保課 国保年金係

被保険者証等を再発行するとき

被保険者証等を紛失した場合は、申請により再交付します。交付は原則として郵送(被保険者証については簡易書留)で行います。
即日交付を希望する場合は、下記の必要なものを持ってきて申請してください。

窓口での即時交付

  • 認印(朱肉を使用するもの)
  • 被保険者本人の確認ができる官公署が発行する写真付き証明書
     (例)運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(写真付)、外国人登録証、身体障害者手帳など
    (注)官公署が発行する写真付き証明書がない場合、次の本人確認書類を複数持ってきてください。
       ・官公署が発行する写真付でない身分証明書(介護保険被保険者証、住民基本台帳カード、印鑑登録証明書など)
    (注)即時交付できるのは、必要書類がそろっている場合に限ります。

代理人による即日交付の場合

次の書類の提出も必要です。

・代理人の本人確認書類
委任状<外部リンク>

郵送での再交付申請

「後期高齢者医療再交付申請書」をご記入のうえ、送付してください。被保険者証は簡易書留、その他は普通郵便で住民登録地または届出された送付先にお送りします。

郵送先

〒626-8501   京都府宮津市字柳縄手345-1 宮津市役所税務・国保課国保年金係

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)