ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

障害認定を申請・撤回するとき

記事ID:0006150 更新日:2021年3月5日更新 印刷ページ表示

(注)手続・申請には、各必要書類のほか「本人確認書類」と「個人番号確認書類」が必要です。

申請場所

・市役所(本館)1階 税務・国保課国保年金係

障害認定を申請・撤回するとき

65~74歳で一定以上の障害を持つ人は、申請することにより後期高齢者医療制度に 加入することができます。後期高齢者医療制度に加入すると、75歳以上の人と同じように それまでの保険を脱退することになります。要件を満たし加入を希望する人は、障害の状態を証明するもの (国民年金証書、障害者手帳など)と認印(朱肉を使用するもの)を持ってきて、市役所(本館)1階 国保年金係へ提出してください。

なお、障害認定での加入は任意です。脱退したいときは75歳未満であれば、いつでも任意で撤回することができます。被保険者証と認印(朱肉を使用するもの)を持ってきて、喪失の届け出を行なってください。 後期高齢者医療制度加入期間の証明書を交付しますので、新たに加入する医療保険者 に提出してください。