ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

引越し 後期高齢者医療制度

記事ID:0006154 更新日:2021年3月5日更新 印刷ページ表示

注)手続・申請には、各必要書類のほか「本人確認書類」と「個人番号確認書類」が必要です。

申請場所

  • 市役所(本館)1階 税務・国保課国保年金係

転入(宮津市外から引越し)する人

京都府内の他市町村から宮津市へ転入

転入の届け出をすると宮津市から新しい被保険者証を交付します。

京都府外から宮津市へ転入

府外から宮津市へ転入したときには、転入前の自治体で交付された負担区分等証明書を持ってくる必要があります。 そのほかに障害認定証明書や特定疾病受療証明書、社会保険の被扶養者であったことの証明書を持っている人は、 あわせて提出してください。

(注)世帯構成員に異動がある場合などは、翌月から負担割合が変更になることがあります。

転出(市外へ引越し)する人

宮津市から京都府内の他市町村へ転出

負担区分等証明書の交付を受けてください。転出先へ提出し、 被保険者証の交付を受けてください。被保険者証の保険者番号が変更になります。転出先の市町村から新しい被保険者証を受け取り、 古いものを返却してください。

宮津市から府外へ転出

負担区分等証明書の交付を受けてください。転出先へ提出し、 被保険者証の交付を受けてください。
障害認定の人や特定疾病受療証を持っている人には、障害認定証明書や特定疾病受療証明書が交付されます。 また、後期高齢者医療制度に加入する前に社会保険の被扶養者だった人は、被扶養者で あったことの証明書も交付されます。あわせて転出先へ提出してください。

住所地特例対象施設へ入所のため転出

引き続き宮津市から被保険者証を発行しますので、住所地特例の手続きをしてください。施設へ 新しい被保険者証を送ります。古い被保険者証は返却してください。

(注)住所地特例とは、府外の特別養護老人ホームなどに入所したことにより、府外に住民登録をしたが 引き続き京都府後期高齢者医療広域連合の被保険者となり、給付を受ける制度です。この場合は、宮津市に保険料を納めてください。

転居(市内で引越し)する人

市内で引越したときは、住所などを変更した新しい被保険者証を交付します。