ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

後期高齢者医療制度

記事ID:0006083 更新日:2021年3月5日更新 印刷ページ表示

 平成20年4月1日に施行された「高齢者の医療の確保に関する法律」により創設された、高齢者を対象とした 医療制度です。

  • 75歳の誕生日を迎えると、それまで加入していた国民健康保険や被用者保険(社保)を自動的に脱退し、後期高齢者医療制度に加入します。
  • 65歳~74歳で一定の障害がある人も、申請により加入することができます。

宮津市の加入者は京都府後期高齢者医療広域連合の被保険者です

 後期高齢者医療制度の運営は、京都府の全市町村が加入する京都府後期高齢者医療広域連合で行なわれます。

 宮津市では被保険者の身近な窓口として以下の業務を行います。

宮津市が行う事務

  • 被保険者証の引き渡し
  • 各種申請の受付(住所変更・療養費支給申請など)
  • 保険料の収納
  • 各種相談

京都府後期高齢者医療広域連合が行う事務

  • 被保険者証の交付
  • 療養費の給付
  • 保険料の決定

宮津市窓口での取り扱い

 宮津市で取り扱う後期高齢者医療制度の内容は、次のとおりです。

  • 対象となるとき
  • 被保険者証など
    被保険者証、一部負担金の割合(患者負担)、限度額適用・標準負担額減額認定証、特定疾病療養受療証、基準収入額適用申請
  • 手続きが必要なとき
  • 保険料
  • 給付・保健事業

(注)後期高齢者医療制度の概要については、 京都府後期高齢者医療広域連合のホームページ<外部リンク>でも情報提供を行なっていますので、ご覧ください。