ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

保険税の計算

記事ID:0005410 更新日:2021年2月24日更新 印刷ページ表示

国保に加入すると加入月数に応じて保険料がかかります。保険税は医療分、後期高齢者支援金分、 介護分(40歳から64歳までの人)の合計額を、年度(4月から翌年3月)を単位として計算します。 さらに各区分の保険税は、加入者に均等に負担していただく均等割額と、 所得に応じて負担していただく所得割額で構成されています。 保険税は加入者ごとに計算し、世帯で合算します。 この均等割額や所得割額を算出するための料率、世帯の限度額は毎年度見直しされます。

保険税率等

令和3年度(令和3年4月から令和4年3月まで)

宮津市の国保税(医療分・後期高齢者支援金分)は、世帯ごとの被保険者の所得額、固定資産税額、国保加入者数に基づき算定します。また、40歳から64歳までは、介護保険(第2号被保険者)分を加算します。なお、所得の低い方には、国保税の均等割額と平等割額を軽減します。(世帯の所得状況に応じて7割・5割・2割の3区分で減額します。)

  税率R3

保険税計算と期別額

年間保険税=医療分保険料+後期高齢者支援金分保険料+介護分保険料
年度の途中で加入や脱退があった人の保険税は、加入月数に応じて算出します。

年間保険税×年度内の加入月数÷12
年間保険税を算出する際は、同じ世帯に属する国保加入者ごとに計算して世帯で合算します。

令和3年度保険税の計算の例

  計算例