ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

自殺対策の推進

記事ID:0005842 更新日:2021年1月29日更新 印刷ページ表示

宮津市自殺対策推進計画

自殺対策 ​自殺対策推進計画の推進体制(イメージ図)

日本の自殺者数は、これまで年間2万人程度まで減少してきましたが、昨年一年間は11年ぶりに増加に転じました。こうした中、本市の自殺者数は年間1人から2人で推移しています。

このため、第1期宮津市自殺対策推進計画『いのち支える宮津市自殺対策推進計画』を策定し、地域が一丸となって本計画の推進に取り組み、「生きることの包括的な支援」として、市民一人ひとりが必要な支援が受けられ、いつまでも安心して生活ができる社会の実現を目指します。

いのち支える宮津市自殺対策推進計画
計画の位置づけ 新宮津市総合計画、地域福祉計画を上位計画としての行動計画
計画期間 5年間【令和3年度~令和7年度】
数値目標 自殺死亡率0.0
基本理念 誰ひとり自殺を考えない 生き心地のよいまち みやづ
計画を推進するうえで大切にすること(その1) 人と人とのつながり、地域社会とのつながりや、支え合い、関わりを大切にした取組を推進します
計画を推進するうえで大切にすること(その2) 悩んだり、困ったときの相談窓口を明確にし、市民の方が気軽に相談できる相談支援体制を充実します

「自殺は、その多くが防ぐことのできる社会的な問題」です。自殺対策を推進するうえで重要なことは、人と人、人と地域社会がつながり、支え合いながら、地域のコミュニティを育み、それを面として自殺対策のセーフティネットとして社会的な支援の手を差し伸べることです。私たち一人ひとりが、また、この地域の皆さん一人ひとりが自殺予防対策の主役として自殺対策の推進にご協力賜りますようよろしくお願いいたします。

いのち支える相談窓口一覧

日々の様々な生活の場面において、悩んだり、困ったときがあると思います。そうしたときは、ひとりで悩まずに相談機関までお気軽にご連絡ください。あなたの相談をお待ちしております。

いのち支える相談窓口一覧
●『深刻な悩み』を抱えておられる方 ●『うつ病』や『気持ちがゆううつ』な方 ●『こころの健康』が気になる方
●『子ども』や『子どもの保護者』の方で不安や悩みを抱えている方 ●『育児』や『子育て』に疲れている方 ●『介護』に疲れている方
●『虐待』に関する相談 ●『ひとり親家庭』に関する相談 ●『健康』が気になる方
●『ひきこもり』に関する相談 ●『妊婦・産婦』に関する相談 ●『DV被害』に関する相談
●『子ども』に関する相談 ●『障害のある方』に関する相談 ●『高齢者』に関する相談
●『生活・福祉』に関して相談したい方 『仕事または経営』に関して相談したい方  
●自殺予防対策の相談窓口/どこに相談したらいいか分からない方

いのち支える相談窓口一覧は、以下の添付ファイルに掲載していますので、そちらをご覧ください。

『いのち支える宮津市自殺対策推進計画』

表紙 [PDFファイル/402KB]

はじめに [PDFファイル/469KB]

目次 [PDFファイル/472KB]

本文 [PDFファイル/2.01MB] ※P34「いのち支える相談窓口一覧」掲載

裏表紙 [PDFファイル/294KB] 

 

『いのち支える宮津市自殺対策推進計画(概要版)』

概要版 [PDFファイル/1.08MB] ※P4「いのち支える相談窓口一覧」掲載

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)