ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 安心・安全 > 消費生活 > 宮津与謝消費生活センターからのお知らせ

本文

宮津与謝消費生活センターからのお知らせ

記事ID:0009041 更新日:2022年10月26日更新 印刷ページ表示

宮津与謝消費生活センターからのお知らせ

消費生活特別講座 
人生を豊かにするお金の話 ~お金の賢い使い方・増やし方~ のご案内

家計管理やライフプラン、投資などについて学べる講座です。
令和4年度から全国の高等学校において金融教育が必修科目となり、子どもたちが学校教育としてお金の知識を身に着ける時代になった今、大人の私たちのお金に関する知識はどうでしょうか。
当講座をキッカケにお金の勉強を見直してみませんか?

https://www.pref.kyoto.jp/tango/no-shoko/20221001.html​<外部リンク>

日時:令和4年11月13日(日)14時00分~15時30分

場所:宮津市福祉・教育総合プラザ(ミップル)4階 第4コミュニティルーム

受付:11月9日(水)までにHP(準備中)、電話もしくはFAXにて
   申込(お名前、住所、電話番号をお伝えください)

定員:先着40名

問い合わせ:京都府丹後広域振興局農商工連携・推進課
      (TEL:0772-62-4304、FAX:0772-62-4333)

広報誌みやづ令和4年10月号より

~ ネットオークション、フリマアプリのトラブルにご注意 ~

 

ネットオークションやフリーマーケットアプリでは、中古や新古品を、売り手は高く、買い手は安く取引ができるため、便利なサイトやアプリを通して、個人間で取引する人が多くなっていますが、管内では次のようなトラブルが報告されています。

・ブランド物だと思っていたが偽物だった

・代金を振り込んだのに商品が届かない

・送った商品が戻ってきて送料を負担することになった

個人同士の取引は消費者安全法の対象にならないため、消費生活センターが介入できません。トラブルになった場合は、当事者間で解決する必要があり、話し合っても解決しない場合は、運営事業者に事情を伝え、調査などの協力を得られないか確認してみましょう。

また、トラブルに合わないために利用方法も事前にしっかり確認しましょう。

消費者トラブルは他人ごとではありません。

広報誌みやづ令和4年9月号より

~ 「家の電気代が安くなる!」の勧誘にご注意 ~

電力が小売全面自由化になって6年が経過し、様々な事業者が参入したことで、電話や訪問で、大手電力会社の代理店を名乗り「今契約すると電気代が安くなる」などとかたり、電気代の情報を聞き出し、新規契約を提案してくる事業者が増えています。

一部の事業者では、市場変動によって単価が上下する電気を扱っている場合があり、甘い言葉に乗って契約をして、後日料金が倍増しているケースが多く、こうした場合のほとんどは、解約をしても請求された金額を支払わなければなりません。説明をしっかり聞いて検討しましょう。

広報誌みやづ令和4年8月号より

~ 災害後の住宅修理勧誘に注意! ~

 近年、台風や大雨・大雪、地震などによる自然災害が全国各地で発生しています。自然災害が発生すると、不安をあおった勧誘や災害に便乗した悪質商法などの消費者トラブルが多く発生する傾向があります。

 業者から「すぐに直さなければ~」「今直さないと、地震が来た時に倒壊する可能性がある」「公的機関からの委託を受けたので点検に」などと勧誘された場合は、すぐに契約を迫られても、その場では契約しないで冷静になって検討しましょう。

 特に、災害にあってしまった際は、相見積もりをするなどして、慎重に施工業者を選びましょう。​

広報誌みやづ令和4年7月号より

~ 6月から通信販売における規制が強化されました ~

 コロナ禍で通信販売を利用する方が増えており、「初回無料」「お試し価格」と表示しながら、実際には定期購入が条件で多額の解約金が発生するなど、悪質な定期購入商法が急増しています。全国の相談件数は平成27年には約4,000件程度でしたが、令和2年には約60,000件に急増しました。

 その対策として、消費者庁は令和4年6月に改正特定商取引法を施行したため、通信販売事業者に次の点を広告に表示する義務が課せられました。

1 数量、回数、期間
2 送料も含めての商品単価、複数購入の支払い総額
3 支払い時期、方法、支払期限
4 商品発送日、各回の引き渡し時期(定期購入)
5 申込期間
6 申込撤回・解除に関する項目

 これらに違反する事業者は行政処分や刑事罰が科され、違反した取引は解約や返金がされやすくなりますが、通信販売をご利用の際はよく確認をしてから購入するようにしましょう。​

広報誌みやづ令和4年6月号より

~ ウクライナ情勢等を悪用した詐欺にご注意! ~

 「ウクライナへの義援金を募集するSNSの記事を見て、アカウントにリンクされている義援金サイトを通じて寄付した後、SNSに「偽物の可能性あり」と表示された」など、全国で多数の義援金に関する相談があり、実際に、偽サイトを使った詐欺だったケースが報告されています。

 こうした手口は、詐欺と判明しても振り込んだお金を取り戻せません。また、振り込みの際に個人情報等を付与すると、再度トラブルが生じる可能性があります。

 善意の気持ちが確実に支援につながるよう、お金を渡す相手には十分に注意しましょう。​

広報誌みやづ令和4年5月号より

~ 宮津市内の高齢者を守る「宮津市消費者安全確保地域協議会」を設置しました ~

 令和3年度の消費者相談は、宮津与謝管内で141件あり、そのうち約48%は60代以上の方からの相談で、金銭をだまし取られるなどの被害に遭われています。悪質な事業者は、一度被害に遭った相手をしつこく狙う傾向にあります。

 宮津市ではこうした高齢者に対する消費者被害を防ぐため、令和4年4月1日付けで、宮津与謝消費生活センターと宮津市健康福祉部を構成員とする「宮津市消費者安全確保地域協議会」を設置しました。

 これにより、センターに寄せられた宮津市内の高齢者の消費者相談内容等を、健康福祉部と共有することで、地域の高齢者への見守り活動を強化していきます。​

広報誌みやづ令和4年4月号より

~ お金と情報が危ない!心当たりのないメールは無視! ~

 金銭や情報をだまし取る目的で、無差別に送信されるメールの被害が全国で急増しています。

 「会員料金の確認」「商品購入のお知らせ」「ファイナンスサポートセンターへすぐに連絡」「利用料金の未納」などのメールが届き、連絡なければ「裁判に移行」「口座凍結」などと不安をあおり、ログインボタン・URLからサイトにアクセスさせ、個人情報入手とサイト利用料金を請求する悪質な詐欺です。

 管内での被害報告はありませんが、相談と情報提供は毎月確認されています。心当たりがなければ無視をしましょう。

広報誌みやづ令和4年3月号より

~ 光回線をアナログ回線に戻せば安くなる!」にご注意 ~

 管内で、突然、大手電力会社を名乗り、「光回線を利用していないならアナログに戻しませんか?費用が安くなります」「工事費用をキャッシュバックします」と電話を受け契約したが、書類が届くと初期費用、サポート料、工事費、月々利用料金等の高額な請求をされるという相談が報告されています。

 消費者に有利なことだけを言って契約させる手口です。事業者名・契約内容の確認、または大手通信会社へ問い合わせて、必要なければきっぱりと断りましょう。

 

広報誌みやづ令和4年2月号より

~ 百貨店の名称をかたる偽の通販サイトに注意! ~

 「ブランド商品80~90%off」等の広告に惹かれ、大手百貨店等の名を騙った通販サイトで商品を購入したところ、「偽物が届いた」「偽サイトだった」などのトラブルが全国で約800件報告されています。

 管内でも「百貨店の閉店セールでバッグを注文したがあまりにも安いので考え直してキャンセルをしたい。届いた商品を受け取り拒否してもよいか」という相談がありました。

 百貨店が通販サイトでブランド品を大幅値引きで販売することはありません。代金を支払ってしまうと返金は困難です。注文する前に正しいサイトかどうか確認をしましょう。

 

消費者庁記者発表【二木ブランド公式通信販売サイトをよっそ居った偽サイトに関する注意喚起(令和4年3月9日発表)】<外部リンク>

広報誌みやづ令和4年1月号より

~ ネット広告での“暮らしのレスキューサービス“トラブル増加中 ~

 水回り修理・解錠・害虫駆除など緊急対応で、事業者とトラブルになった相談が増加しています。
 管内で「ネット広告で「修理 950円~」を見つけ依頼したが、修理後に当初見た広告金額とはかけ離れた数十万円の高額請求を受け、びっくりして対応に困惑した」という事案がありました。

 納得できない金額を請求された場合は、その場で支払わずに待ってもらいましょう。もし事業者から契約を急かされた場合は作業を断りましょう。
また、こうしたトラブルにあわないために、以下のことを心がけましょう。

・ネット上の金額をうのみにしない
・地元の信頼できる事業者を探しておく

広報誌みやづ令和3年12月号より

~  残さず食べて食品ロス削減を ~

食べ物がおいしい季節になり、ついつい買いすぎてしまうことがあります。

食品には「賞味期限」または「消費期限」が記載されていますが、違いを正しく知って食品ロスの削減につなげましょう。

  • 賞味期限・・・美味しく食べられる期限。過ぎてもまだ食べられる
  • 消費期限・・・安心して食べられる期限。過ぎたら食べない方が良い

いつもの買い物でも、手前に陳列してあるものから選ぶことや、不要なものを買わない、適切に保存して最後まで使いきることも食品ロスの削減につながります。

また、使い終わった容器はリサイクルに出すと、資源として再利用されるので、ゴミの分別を心がけ、環境にやさしい生活を目指しましょう。

広報誌みやづ令和3年11月号より

~ 怪しい副業・アルバイトトラブル急増 ~

 “簡単に稼げて高収入?うまい話には裏があります。

 「チャットでの相談」「レンタル彼氏」「荷受代行」など気軽に始められると思いサイトにアクセスして登録したが、収入は得られず毎月のサイト利用料を支払うことになってしまった。また、アルバイトなのに手数料を請求された。自分名義でスマホを購入されていたなど、怪しい副業のトラブルの相談が増加しています。うまい話はそうありません。まずは疑いましょう。

 手数料・登録料・サイト利用料を請求されたら要注意です。個人情報を安易に伝えないようにしましょう。                    

 


宮津与謝消費生活センターのご案内 [PDFファイル/705KB]

宮津与謝消費生活センターについて

【相談窓口】  

○宮津与謝消費生活センター          0772-22-2127       
 相談日:月曜日から金曜日まで(祝日は閉所)   午前9時から正午、午後1時から午後4時まで      

○京都府消費生活安全センター    075-671-0004 

○高齢者消費生活ホットライン      075-671-0144 

○丹後広域振興局商工労働観光室   0772-62-4304

○宮津警察署                      0772-25-0110 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)