ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会事務局 > 学校教育課 > 宮津市立学校等の教育効果向上のための働き方改革について

本文

宮津市立学校等の教育効果向上のための働き方改革について

記事ID:0019103 更新日:2023年9月4日更新 印刷ページ表示
 現在、国を挙げて「働き方改革(長時間労働を改める)」の取組が進められています。
 学校教職員の長時間勤務も大きな問題となっており、長時間勤務、時間外勤務時間の縮減や業務負担軽減は待ったなしの状況です。

 宮津市の教育は、豊かな学びを深めてふるさとを愛するひとづくりを教育理念に、「宮津の新しい教育の創造」を掲げ、質の高い学力の充実・向上に向けた取組等を進めています。そうした中、教職員が働きやすい環境づくりや業務改善は、教職員の心身の健康保持にとって重要な取組であるだけでなく、児童生徒と向き合える時間を確保し、教育の質の向上につながるものです。
 現在、市内ぞれぞれの学校の状況に合わせながら、下記のような取組を進めており、今後も教育効果向上のための働き方改革を推進していきます。
 
 保護者の皆様、地域の皆様の御理解、御協力をよろしくお願いします。


◆ICTを活用した校務の改善
 ・職員間のスムーズな情報共有
 ・授業準備のICTの効果的な活用 
 ・ペーパーレス化の促進 等

◆多様な人材の活用
 ・教員業務支援員や部活動指導員など、京都府教育委員会との連携による人員の配置 
 ・スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーの配置  等

◆働きやすい学校環境づくり
 ・勤務時間管理の徹底
 ・教職員の健康保持増進
 ・教職員の働き方に対する意識改革(研修等の実施)
 ・学校閉庁日、一斉退勤日の実施   等