ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・医療・福祉 > 健康 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルスワクチン接種証明書(海外渡航者に限る)

本文

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(海外渡航者に限る)

記事ID:0010337 更新日:2021年7月13日更新 印刷ページ表示

 新型コロナウイルスワクチン接種証明書は、海外に渡航する際に、同ワクチンを接種したことでスムーズに諸外国に入国できる(検疫免除等)ようにするための、接種をした事実を証明する書類です。

 海外渡航を行う場合でも、渡航先の国・地域によっては当該証明書の効力が働かないため、事前に外務省ホームページで情報確認の上、真に必要な場合にのみ取得してください。

外務省ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html<外部リンク>

申請受付開始日

・令和3年7月26日(月曜日)から

発行の対象者

・海外渡航等を行う方 ※申請書に渡航予定国・地域の記載が必要です。

※申請には、有効期限が切れていない(計画する海外渡航に十分な期間の有効期限を有する)旅券が必要です。(当該証明書には旅券番号が記載されるため、渡航の際に有効な旅券と同じ旅券番号が印字された証明書が必要です。)

申請方法

申請書に必要事項を記入のうえ、必要な添付書類を添付し、以下の方法で申請を行うことができます。

〈 申請書 〉

〈 添付書類 〉

  • 旅券(パスポート)の写し ※顔写真、姓名、国籍、旅券番号が記載してあるページ
  • 接種券
  • 接種済証か接種記録書(医療従事者の先行接種)、またはその双方

※ 接種券を紛失した場合、原則、マイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)

〈 その他、場合によって必要な書類 〉

  • 旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合:旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類
  • 代理人による請求の場合:本人の自署による委任状 [Wordファイル/24KB]

窓口申請

 申請書に必要事項を記入のうえ、添付書類を添えて、宮津市健康福祉部健康・介護課健康増進係(宮津市福祉・教育総合プラザ4階)に申請してください。

※VRS(ワクチン接種記録システム)により本人確認、接種記録の確認等を行うため、証明書の発行には時間がかかりますのでご承知おきください。

郵送申請

 申請書に必要事項を記入のうえ、添付書類、返信用封筒(申請者が切手貼付、返送先住所を記載し提出)と返信用封筒に記載の住所が記載された本人確認書類を添えて、宮津市健康福祉部健康・介護課健康増進係まで申請してください。

・住所:〒626-8501 宮津市字浜町3012番地 宮津市福祉・教育総合プラザ4階

※発行には1週間程度必要です。余裕をもって申請をお願いします。

注意事項

 本市で発行できる新型コロナウイルスワクチン接種証明書は、本市が発行した「接種券」でワクチン接種を行った方に限ります。

 例えば、1回目の接種を、A市が発行した接種券でワクチン接種(接種した病院等が在する市区町村は問いません)し、その後転居等で住所地が変わる等し、2回目の接種を宮津市が発行した接種券で行った場合、1回目のワクチン接種証明書はA市に申請が必要となり、2回目のワクチン接種証明書は宮津市への申請が必要となります。

その他

〈 姓名の記載について 〉

新型コロナウイルスワクチン接種証明書は、その性質上、旅券に記載の姓名が記入されます。

〈 発行手数料について 〉

無料

〈 国内での利用について 〉

利用の目的が国内(主に民間サービス等を受ける場合を想定)の場合は、発行することができません。
国内での接種の証明は、接種済みの接種券(右側に新型コロナウイルスワクチン予防接種済証の部分に、接種を行ったワクチンのロットシールが貼付してあるもの)や接種済証、接種記録書で接種したことを証明できます。

問い合わせ先

〈 制度に関する問い合わせ 〉

新型コロナワクチンコールセンター(厚生労働省)Tel:0120-761-770

〈 申請手続きに関する問い合わせ 〉

宮津市健康福祉部健康増進係 Tel:0772-45-1624