ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・産業 > 商工 > 商工振興 > 美食のまちづくり推進事業について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・産業 > 観光 > 旬の観光 > 美食のまちづくり推進事業について

本文

美食のまちづくり推進事業について

記事ID:0014925 更新日:2022年7月12日更新 印刷ページ表示
バナー

「学生レストラン in 宮津」特別ランチ営業のご案内【受付中】

京都調理師専門学校生が接客・調理を行う大人気の学生レストランが、初めて学外へ飛び出し宮津市内で特別ランチ営業を行います!(京都調理師専門学校生の授業に位置づけた事業です)

日時:令和4年9月1日(木)~3日(土) 各日12時00分~14時30分

会場:ホテル&リゾーツ 京都宮津 8階「セレストポート」
​    (宮津市字田井小字岩本58)

参加方法:下記予約サイトによる完全予約制(定員 各日30名)

     https://restaurantavenueinmiyazu2022.peatix.com/<外部リンク>

料金:7,700円(飲み物・税・サービス料込)※当日現金払いのみ

メニュー:宮津を和と洋で味わう特別メニュー(コース料理)

「美食のまちづくり推進事業」とは

令和4年度、宮津市観光戦略に基づき、食の質向上と高付加価値化による飲食率・宿泊率の向上を図り、食の魅力を観光業のみならず農林水産業、製造業等の幅広い分野を支える大きな産業につなげていくため、京都府内唯一の調理師専門学校を運営する学校法人大和学園<外部リンク>と連携して“美食のまちづくり”に向けた取組みを進めていきます。

キックオフシンポジウム「食×観光×まちづくり」の報告

日時:7月22日(金) 14時00分~15時30分

会場:前尾記念クロスワークセンターMIYAZU 2階(ZOOM参加も可能)

キックオフシンポジウムチラシ [PDFファイル/1.24MB]

シンポジウムでは、大分県豊後高田市の直売所を運営されている大脇氏(株式会社Founding Base マネージャー/一次産業事業責任者)を基調講演の講師としてお招きし、食を通して地域と一緒に展開した事業を紹介いただいたほか、パネルディスカッションでは、市内の飲食店「寿司 なみじ」の岸本氏と宮津市 青木観光戦略担当課長も加わり、学校法人大和学園部長 杉山氏の進行のもと、観光における食の重要性について語り合いました。

会場・オンライン合わせて76名の方々にご参加いただき、盛況に終了しました。

◆実施する取組

丹後地域特産品等開発アドバイザー事業のご案内【募集期間:令和4年7月7日~12月16日】

「学生レストラン in 宮津」特別ランチ営業のご案内<外部リンク>【開催日:令和4年9月1日~3日】

今後実施予定(随時更新します)

・宮津ならではの食材を活用した看板メニュー・地元特産品の開発 (大和学園、地元料理店等によるプロジェクトチームを設置)

・アカモク等の地元農林水産物を活用した新しい食べ方、レシピの提示

・開発メニューや地元食材をテーマとした試食会や大和学園関連レスト ラン等での活用等による普及啓発・ブランド化の推進

・大和学園学生のフィールドワークを通じた食による旅行商品の開発造成

・観光施設従事者等の接遇、調理の学び直しプログラムの実施による観光 サービスの高付加価値化

・食をテーマとしたワークショップの開催

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)