ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税 > 宮津市固定資産評価審査委員会

本文

宮津市固定資産評価審査委員会

記事ID:0005916 更新日:2021年3月3日更新 印刷ページ表示

宮津市固定資産評価審査委員会は、固定資産課税台帳に登録された価格(評価額)に関する審査申出を、市長から独立した立場で審査及び決定をする行政機関です。
委員会は地方自治法及び地方税法に基づき設置されています。

委員会の委員は、市民や固定資産の評価に関する学識経験者などの中から、議会の同意を得て市長が選任します。
本市では条例により、委員は3人です。(委員の任期は3年)

固定資産評価の審査申出

  1. 固定資産税の納税者は、固定資産課税台帳に登録する価格(評価額)について不服がある場合、市長が固定資産の価格等を登録した旨を公示した日から納税通知書の交付を受けた日後3か月以内に、文書で委員会に審査の申出をすることができます。(ただし、地方税法の規定により、基準年度(評価替え年度)以外の年度は申出要件に制限があります。)
  2. 委員会は審査の申出を受けた場合に、調査・審査し、審査の決定をし、その内容を申出人及び市長に通知します。

固定資産評価審査申出制度について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)