ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 市税の納付 > 令和5年4月から市税の納付方法が拡充されます

本文

令和5年4月から市税の納付方法が拡充されます

記事ID:0016055 更新日:2022年12月14日更新 印刷ページ表示

 令和5年4月から、全国の自治体を対象に、固定資産税・都市計画税、軽自動車税(種別割)等の納付方法が拡充されます。

 納付書に印字されているQRコードを読み取りeLTAX(エルタックス)の専用サイト「地方税お支払いサイト」にアクセスすることで、ご自宅のパソコン、スマホからクレジットカード等で納付できるようになります。

 さらに宮津市では、固定資産税・都市計画税、軽自動車税(種別割)に加えて、市・府民税(普通徴収)についても、令和5年4月から電子納付ができるよう準備を進めています。

 納付方法等の詳細は、宮津市ホームページを通じ、随時お知らせしていきます。

対象税目

 市・府民税(普通徴収)

 固定資産税・都市計画税

 軽自動車税(種別割)

地方税お支払いサイト

 お手元の納付書から「eL-QR」(QRコード)の読み取りや納付書に記載された「eL番号」の入力により、クレジットカード等で納付できるようになります。

 詳しくは地方税お支払いサイト<外部リンク>のページをご覧ください。

※HP機能は令和5年3月1日以降に利用可能となります。ただし実際に納付できるのは4月以降になります。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

支払方法(地方税お支払いサイトに順次掲載)

・クレジットカード

※手数料は利用者負担となります。

・インターネットバンキング

・口座振替

※口座振替には、事前にeLTAXの利用者登録と口座情報登録が必要です。

・スマホ決済アプリ