ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

福祉バスの使用について

記事ID:0007886 更新日:2021年1月29日更新 印刷ページ表示

緊急事態宣言延長に伴う利用制限

新型コロナウイルス感染拡大により、令和3年5月7日(金)に京都府への緊急事態宣言が延長されました。

このため、宮津市では、緊急事態宣言の期間中は全ての公共施設等を使用停止することとしております。

つきましては、公共施設等の使用停止に準じて、福祉バスの使用につきましても緊急事態宣言期間中は使用を停止することとしましたのでご理解とご協力をお願いいたします。

●使用停止期間

・令和3年4月25日(日)から令和3年5月11日(火)まで

・令和3年5月12日(水)から令和3年5月31日(月)まで

●使用停止施設

・宮津市福祉バス

宮津市福祉バス

福祉バス外観1 福祉バスフォークリフト

宮津市福祉バスは、公用のほか特に福祉団体の事業活動に供するため運行しています。

ご使用を希望される団体におかれましては、特に以下の点にご注意いただきますようお願いします。

福祉バス
定員 24名(運転手込み)
使用時間 福祉バス車庫の出発を含め、出発は早くても午前8時30分、到着は遅くても午後5時までとし、その時間の範囲のうち、7時間以内の使用時間とさせていただきます。
使用申込 使用される2週間前までに申し込みをお願いします。(使用申請書は下記のとおりです。)
使用回数 各団体1回限り/年とさせていただきます。
使用者負担

(1)福祉バス使用に係る燃料代の実費負担をお願いします。帰還地に最も近い給油所で利用団体において満タンに給油してお返しください。なお、出発時には運転手において燃料を満タンにします。

(2)高速道路使用料の実費負担をお願いします。

(3)駐車場代の実費負担をお願いします。

 

高速道路 補助席にはシートベルトがありませんので、補助席を使用される場合は、高速道路を利用できませんのでご注意ください。
その他 福祉バスに緊急の故障等が発生した場合は、使用許可の取り消しや制限を行う場合がありますのでご了承ください。

 

使用申請書

福祉バスを使用される場合は、使用日の14日前までに、必ず宮津市福祉バス使用申請書を提出していただきますようお願いします。

 

福祉バス使用申請書 [Wordファイル/41KB]