ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 住まい > 助成・補助 > 移住移住定住 > 定住支援空き家等改修補助制度のご案内

本文

定住支援空き家等改修補助制度のご案内

記事ID:0007154 更新日:2021年3月12日更新 印刷ページ表示

宮津市空き家等情報バンクシステムを通して、空き家等を購入または賃貸した方で、購入等の日または転入の日から1年以内に修繕等を行った方に補助金を交付します。補助金交付額は、修繕等に要する経費の2分の1(上限100万円)です。

 

※京都府により指定された移住促進特別区域(上宮津地区、世屋地区、養老地区、府中地区)における移住者による空き家等の改修については、補助率10分の10で、上限180万円の補助金を受けることができます。詳しくは、ご連絡ください。

 

【補助金の対象要件】
 ・宮津市内への定住を目的に空き家等を購入または賃借した者
 ・市外に引き続き2年以上住所を有している者または市内に住所を有して1年を経過しない者(市外に引き続き2年以上住所を有していた者に限る。)
   ・改修する空き家等(宮津市空き家等情報バンクシステムに登録されているものに限る)に補助金の交付の日から5年以上、宮津市に住所を有する見込みのある方
 ・みやづUIターンサポートセンター利用者登録台帳に登録されている者
 ・空き家等の所有者等の親族でない者
 ・市町村税を滞納していない者
   ・市内に本店を有する法人または個人事業者により空き家等の修繕等を実施する者
   ※補助金の対象経費となる修繕等の経費について、制限がありますので、ご相談ください。

 

●補助金は修繕等を実施する前に、宮津市より交付決定を受ける必要がありますので、ご検討されている方は、必ず事前にご相談ください。

●補助金の申請は随時受付しております。ただし、年度をまたがって事業実施することはできません。

 

宮津市定住支援空き家等改修事業補助金交付申請書 [Wordファイル/44KB]

宮津市定住支援空き家等改修事業補助金実績報告書 [Wordファイル/43KB]

 

【金融機関との連携】
 また、補助金を活用して住宅を購入した方が、あわせて住宅ローン「フラット35」を利用される場合、「フラット35」の金利が適用金利から0.25%(当初5年間)引き下げられます。
 
 詳しくは、住宅金融支援機構のホームページをご覧ください。

https://www.flat35.com/index.html<外部リンク>