ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康・介護課 > 産後ケア事業について

本文

産後ケア事業について

記事ID:0001910 更新日:2021年1月29日更新 印刷ページ表示

出産後間もない時期のお母さんは、体調不良や育児不安などにより、心も体も不安定になりがちです。
スムーズな子育てに繋げていただくため、産後間もないお母さんへの支援として「産婦健康診査の助成」、「産後ケア事業」を実施しています。

 

産婦健康診査

出産後間もない時期のお母さんのこころとからだの健康状態を把握するために受ける産婦健康診査の費用を2回を上限に助成します。(原則、自己負担はありません)

対象者 

出産後1か月程度までの方
※なお、京都府外の医療機関で受診される方は、事前に健康増進係にご連絡ください。
(里帰り出産等で、府外の医療機関で受診される場合は、一旦自己負担で受診いただき、後日助成金として交付します。受診は2回、助成金は5,000円/回が上限)

産後ケア事業

​​産婦健康診査の結果等によって、心身の不調や育児不安などがあり、家族等から十分なサポートが受けられない母子が身体の回復や心理的な安定を図るために、休養が必要な場合に利用いただける宿泊型のサービスです。

 

対象者

産後のお母さんと生後4ヶ月未満の赤ちゃんで次のいずれにも該当する方
 ・心身の不調や育児不安の強い方
 ・家族等から産後の育児支援が得られない方

事業内容

医療機関に宿泊して、心身を休めていただき、心身の健康チェックのほか、乳房ケアや沐浴指導などの育児指導を受けられます。(産婦の食事も含みます)」

利用料

自己負担額 9,000円/泊
 ※市民税非課税世帯、生活保護世帯は1,500円/泊ご案内