ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会事務局 > 社会教育課 > 平成27年度スポーツ振興くじ助成事業報告(実施状況)

本文

平成27年度スポーツ振興くじ助成事業報告(実施状況)

記事ID:0002203 更新日:2021年1月29日更新 印刷ページ表示

スポーツ振興くじ(toto・BIG)の収益金は、日本のスポーツ振興に役立てられています。

スポーツ振興くじの助成を受け、宮津市民体育館のバスケットボールゴールとシステムカウンターを更新しました。
宮津市では、独立行政法人日本スポーツ振興センターの助成を受け宮津市民体育館のバスケットボールゴール及びシステムカウンターの更新を行いました。

【スポーツ振興くじ助成事業実施報告】
○事業名 
宮津市民体育館バスケットボールゴール設置事業
      宮津市民体育館システムカウンター設置事業
○助成事業細目 地域スポーツ活動推進事業(大型スポーツ用品設置事業)
○助成金額(交付決定額) 2,618,000円(バスケットボールゴール)
                   991,000円(システムカウンター)
○助成事業の用途 スポーツ用具購入


 老朽化していたバスケットボールゴールとシステムカウンターを更新し、バスケットボールの新ルールに対応するとともに、得点、試合時間が電光掲示によりより見やすくなりました。
 平成27年11月6日~7日に宮津市民体育館で開催された、ウィンターカップ(全国高等学校選抜優勝大会)京都府予選では、新しいバスケットボールゴールとシステムカウンターを使って試合が行われました。

スポーツ振興くじ(toto・BIG)の収益金は、日本のスポーツ振興に役立てられています。