ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 総務課 > 国際交流 デルレイビーチ市

本文

国際交流 デルレイビーチ市

記事ID:0002955 更新日:2021年1月29日更新 印刷ページ表示

デルレイビーチ市 デルレイビーチ市 ▼提携年月日 昭和52年9月29日
▼提携の動機
 宮津市出身の森上助次氏が明治39年19歳のとき、単身で渡米。1975年に、農業で成功し取得した土地160エーカーをパームビーチ郡に、40エーカーをフロリダ州に寄贈しました。寄贈を受けた同郡は、この土地に森上大和館、森上パーク等を建設し、その功績を称えました。同館の所在するデルレイビーチ市は、森上氏の出身地である宮津市に対し姉妹都市提携を望み、昭和52年4月にこれを決議し、本市に対し提携決議を要請。これを受けた宮津市は、同年9月宮津市議会で提携を決議し、矢野市長が昭和55年5月にデルレイビーチ市を訪問し、盟約書に調印しました。 森上ミュージアム
森上ミュージアム

 

▼デルレイビーチ市の概要
 デルレイビーチ市は、フロリダ半島の大西洋岸、マイアミ市から北へ約80kmに位置し、美しい海岸が広がるアメリカ国民の冬期避寒地として、多くの保養者が訪れます。
 市の一番高いところで海抜8m程度という低湿地帯であり、緯度は沖縄本島と同位置、亜熱帯性常夏の気候で、ハリケーンや竜巻などの常習地です。
 産業は、花や果樹、野菜類を栽培する農業が発展しているが、近年は住宅、マンションが急速に建設されています。
【近年の交流】
平成19年6月 高校生訪問団の受入れ
平成18年2月 丹後の特産品を紹介
平成17年6月 高校生訪問団の受入れ