ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政運営 > 行財政運営 > 市有財産の売却・活用 > 市有財産の売却・活用 > 旧田井自然教育活用センター跡地の有効活用事業者を公募型プロポーザルで募集します。

本文

旧田井自然教育活用センター跡地の有効活用事業者を公募型プロポーザルで募集します。

記事ID:0008674 更新日:2021年4月20日更新 印刷ページ表示

市は、宮津湾東側「田井臨海エリア」を新たな集客エリアと位置付け、宮津の海の資源を活かした魅力的な海の観光まちづくりを進めるため、民間の資金とノウハウの下で、田井海岸の砂浜に接する海の活用に最適な立地を生かした集客施設など、「田井臨海エリア」の新たなにぎわいの創出につながる事業に活用していただくことといたしました。

つきましては、旧田井自然教育活用センター跡地の有効活用事業者(契約予定者)を公募型プロポーザル方式により選定し、本物件を現状有姿で売却します。

※詳細については、以下の関連書類から「募集要項」をダウンロードして確認してください。

※同時に公募型プロポーザルにより、運営者を募集中の田井宮津ヨットハーバーとの連携を、本案件の審査項目に含めておりますので、左記の関連リンクから募集内容をご確認ください。

 

◆物件の概要

所在:宮津市字田井小字向ノ濱410番2 他2筆
 土地:1,108.00平方メートル
 建物:鉄筋コンクリート造平家建(旧校舎) 212.31平方メートル  昭和44年3月7日新築

     鉄筋コンクリート造平家建(旧体育館) 82.46平方メートル 昭和43年3月31日新築

 

◆主な売却条件
<予定価格>(最低売却価格)
  11,330千円 

<活用計画>

田井海岸の砂浜に接する海の活用に最適な立地を生かした集客施設など、「田井臨海エリア」の新たなにぎわいの創出につながる事業であること。

<活用計画の履行>
・契約後2年以内に活用計画に基づく用途に供し、契約後10年間は他の用途に変更できないこと

 

◆選定方法
 有識者等による選定委員会において、提案された活用計画及び価格等を審査項目ごとに採点し、最も優れた事業者を有効活用事業者(契約予定者)に選定する。


◆募集要項の配布期間
 令和3年4月20日(火曜日) ~ 令和3年6月18日(金曜日)
 (土日、祝日を除く。)


◆申込書類の受付期間
 令和3年6月14日(月) ~ 令和3年6月18日(金曜日)

 

◆質問の受付期間
  第1回 令和3年4月20日(火曜日)~令和3年5月12日(水曜日)
  第2回 令和3年5月13日(木曜日)~令和3年6月2日(水曜日)
  (土日、祝日を除く。)


◆質問の回答
 第1回の受付期間分を令和3年5月19日(水曜日)、
 第2回の受付期間分を令和3年6月9日(水曜日)  ※質疑回答をホームページに掲載します。

 

◆現地見学会
 第1回 令和3年4月28日(水曜日) 午後3時~午後4時30分
 第2回 令和3年5月26日(水曜日) 午後3時~午後4時30分
 開催場所:宮津市字田井410番地の2(旧田井自然教育活用センター跡地)


◆選定委員会の開催日時
  日時  令和3年6月下旬に予定しています。
     ※決定次第、市ホームページ上に、追加掲載します。

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)