ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・医療・福祉 > 健康 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 集団接種会場でキャンセルが出た場合のワクチンについて

本文

集団接種会場でキャンセルが出た場合のワクチンについて

記事ID:0009607 更新日:2021年6月28日更新 印刷ページ表示

集団接種会場で当日キャンセルが出た場合、キャンセル分の余剰ワクチンを無駄にしないため、以下の方々にワクチン接種を行います。

余剰ワクチンの接種について

集団接種会場で予防接種業務に携わる者

問診等を行う看護師スタッフや受付・誘導等を行うスタッフ

※医療従事者の範囲であり、優先順位が高いため。

居宅・訪問系の高齢者福祉サービス事業所の従業員(宮津市民に限る)

※全国的にみてクラスターも多く発生しており、従事する職員の接種は優先度が高いため。

集団接種会場で会場設営等管理や事務対応に従事するスタッフ

※接種会場で多くの方に接すること。また、国の指針において、接種会場で業務に携わる者は医療従事者としてみなすとされており、優先度が高いため。

市内に在住する就学前施設の従事者(宮津市民に限る)

保育所(園)、認定こども園、無認可保育園及び幼稚園従事者

※緊急事態宣言中も医療従事者の就労環境を確保するため、国等からの開所要請に応じるなどコロナ禍での保育士等の社会的役割が高いため。

集団接種予約者から募集します。

8月以降の集団接種予約者から、集団接種会場の余剰ワクチンの接種者を募集しています。

詳しくは、mo(T_T)ainai BANKをご覧ください。