ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

第65回 宮津城下町を歩く (10)寺町の成り立ち

印刷用ページを表示する 記事ID:0005091 更新日:2021年1月29日更新
<外部リンク>

宮津城下町を歩く (10)寺町の成り立ち

 旧宮津城下町の南西部には、一二におよぶ寺院が集中して展開します。

 

 江戸時代の城下町には、都市の外縁部に寺院をまとめて配置した「寺町」がみられ、宮津に関しても、京街道に位置する智源寺を含めて、同様の位置づけが可能です。

 

 特に、宮津の寺院群をみると、宮津藩主・京極高広の時代に、高広やその家族の庇護を受けて、新たに創建されたものや、他所から移動した寺院が多く、宮津城下町の建設にともない、計画的に「寺町」として整備されたと考えられます。まさに、谷筋に沿って寺が立ち並ぶ姿は、宮津城下町の都市計画を物語る景観と評価できます。

 

 三か所の寺町を配する金沢では、一向宗に対する監視機能が重視され、また、寺院の広い境内は軍事的な作戦行動に向くことから、寺町の一般的な機能として、外敵に対する防御性が想定されてきました。ただし、日本各地の寺町をみると、藩主の菩提寺(ぼだいじ)が含まれている例や、花街や港に近接する例もあり、その機能は地域や歴史の流れの中で変化がみられるようです。

 

 宮津の「寺町」をみると、浄土宗六寺、浄土真宗二寺、日蓮宗三寺、臨済宗一寺、曹洞宗一寺と大きな偏りがみられます。中世まで大きな勢力を誇った密教系の寺院はみられず、宮津藩主の信仰や宗教政策、まちづくりの思想などを反映しているかもしれません。

 

宮津の歴史

■■原始から古墳時代■■

■■奈良・平安時代■■

■■鎌倉・南北朝・室町時代■■

■■古代・中世・近世■■

 

Miyazu Takara ~宮津のお宝100選~

■■細川藤孝と明智光秀が築城!幻の海城「宮津城」の知られざる歴史とは■■

 

その他の記事

■■宮津寺町の寺■■

 

公式Facebookへのリンク<外部リンク>公式Twitterへのリンク<外部リンク>公式Instagramへのリンク<外部リンク>