ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

第59回 宮津城下町を歩く (5)職人町と和貴宮神社

印刷用ページを表示する 記事ID:0005085 更新日:2021年1月29日更新
<外部リンク>

宮津城下町を歩く (5)職人町と和貴宮神社

 江戸時代、万町の南側は職人町と呼ばれ、切戸町、大久保町、松原町、木の辺(部)町で構成される宮津城下町の六幹町の一つでした。

 

 和貴宮神社の南側には町人街が広がり、大久保町に侍屋敷、切戸町や木の辺町、松原町に足軽屋敷が展開しました。また、松原町は城下町の南の境界とされ、幕末期の絵図には番所(警備のために置かれた施設)が描かれています。

 

 京極時代の絵図をみると、「分ノ宮」(和貴宮神社)南側の一角が職人町、神社から南にのびる道路沿いが田町とされ、その東に紺屋町、西に京街道という地名がみられます。その後、文久二年(一八六二)正月には、職人町が宮本町、切戸町が京口町と改められ、現在にいたっています。

 

 ところで、田町、紺屋町、京街道などは、和貴宮神社から南にのびる直線道路を基軸として区画され、職人町の都市計画において、和貴宮神社は中心的な位置を占めています。

 

 本神社は、一宮である籠神社の別宮と伝えられ(「宮津府志」)、正徳三年(一七一三)の棟札の記述から、少なくとも永正二年(一五〇二)には神社の存在が確認できます。江戸時代の「丹哥府志」には、境内の水越岩が、かつては海中にあったという伝承がみられます。また、「丹後旧事記」には「分の宮有宮津市場東渚」という記述があります。「宮津市場」という地名は中世まで遡る可能性があり、宮津のまちの成り立ちを考える上でも、和貴宮神社は重要です。

 

宮津の歴史

■■原始から古墳時代■■

■■奈良・平安時代■■

■■鎌倉・南北朝・室町時代■■

■■古代・中世・近世■■

 

Miyazu Takara ~宮津のお宝100選~

■■細川藤孝と明智光秀が築城!幻の海城「宮津城」の知られざる歴史とは■■

 

その他の記事

■■和貴宮神社■■

 

公式Facebookへのリンク<外部リンク>公式Twitterへのリンク<外部リンク>公式Instagramへのリンク<外部リンク>