ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

12km 天橋立松並木コース

記事ID:0014662 更新日:2022年7月1日更新 印刷ページ表示

天橋立ツーデーウオーク2日目

中央会場である島崎公園芝生広場を出発し、天橋立をとおり、元伊勢籠神社で折り返すコースです。

天橋立磯清水では天橋立のお話を聞くことができます。

また、参加者はコース上の天橋立ビューランド、傘松公園に無料で入場することができます(当日に限り)。ゼッケンが入場券になりますので見える位置につけていただき、係員の指示にしたがってお楽しみください。

スタート・チェックポイント・ゴール

島崎公園芝生広場 → 小天橋 → 元伊勢籠神社 → 島崎公園芝生広場

天橋立松並木コースマップ

受付開始・スタート時間

受付開始 8時30分から

スタート 9時00分から9時15分まで

帰着時間

いずれのコースも午後3時までに帰着してください。午後3時をもって大会を終了しますので、手荷物等の返却ができなくなります。

コースイメージ

・スタート(島崎公園芝生広場)
 赤と青の輪っかが気になる方は「宮津市で見かける不思議な“珍百景”!その正体は○○だった!​」をご覧ください。

島崎公園芝生広場

・芝生広場を出発し、分岐をまっすぐ進みます。

直進

・道なりに左に曲がり、つきあたった交差点を右折します。

右折

・国道沿いにまっすぐ進み、如願寺川を右折。海の方へ向かいます。
※目印は「ととまーと」の大きな看板

右折

・如願寺川​を右手にまっすぐ進み、つきあたりを左折します。

左折

・右手に漁師町の舟屋が見えてきます。

漁師町

・まっすぐ道なりに進み、左手に現れる「ととまーと<外部リンク><外部リンク>」を越え左折します。

左折

・すぐに国道にぶつかるので、右折し歩道を進みます。

右折

・国道沿いを進むと右手に海岸に沿って歩ける小道が現れるので、右折し入ります。

右折

・海岸沿いを道なりに進むと右手に小天橋と文珠水道が現れます。

文珠水道

・そのまま、まっすぐ進むと天橋立の名物「廻旋橋」が現れるので、右折して渡ります。

廻旋橋
※大きな船が通ると橋が回り渡れなくなるため、船の通過をお待ちください。

・廻旋橋を渡るとチェックポイント〈小天橋〉です。

チェックポイント

・チェックポイントを出て天橋立の松並木を進むと、磯清水が現れます。
※ここでガイドから天橋立のお話が聞けます

磯清水

・松並木を歩き、対岸の府中地区に向かいます。
天橋立内には名前がついた松があります。探しながら歩くのも楽しいです。
【天橋立#5】その松、名前で呼んであげて!! 天橋立の「命名松」

・府中地区までもう少し。舟越の分岐を左に進みます。

左側へ

・道なりに進むと左手「阿蘇海(内海)」に観光船の船着き​場が見えてきます。

船越海岸

・船着き場が見えたらつきあたりを右折します。

右折

・横断歩道を渡り、元伊勢籠神社に入り​ます。

横断

・チェックポイント〈丹後一之宮元伊勢籠神社

チェックポイント

・籠神社境内を進み、拝殿の前を左折。そのまま進み、籠神社から出ます。

道なり右折

・籠神社を出るとすぐに左折します。

左折

・まっすぐ進むと交差点があるので、左折します。
右に進むとか傘松公園に上がるりリフト・ケーブル乗り場があり、参加者は無料で乗車できます。

右折

・極楽坂を下り、国道を横断し左折します。

左折

・左手に籠神社が見えてきますので、往路と同じ道を島崎公園芝生広場まで進みゴールとなります。​

コースをもっと楽しむために

コースで通る名所の情報をまとめた記事です。読むとさらに楽しく散策できます。

天橋立に関する記事(宮津市シティプロモーションサイト「Re:in」)

天橋立を両端から贅沢に楽しむ!傘松公園&天橋立ビューランド(宮津市シティプロモーションサイト「Re:in」)​

黄金に輝く幻の高級魚!金樽鰯を食べてみよう(宮津市シティプロモーションサイト「Re:in」)​

実はこんなにすごいって知ってた?宝物でいっぱいの宮津の海(宮津市シティプロモーションサイト「Re:in」)​

「三人寄れば文殊の智恵」でお馴染みの智恩寺(宮津市シティプロモーションサイト「Re:in」)

宮津にある「元伊勢」!?神秘の神社を大解剖〜籠神社〜(宮津市シティプロモーションサイト「Re:in」)


参加申込方法