現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 〜市内飲食店、旅館、ホテル等のみなさまへ〜宮津市地産地消推進店を募集します。

最終更新日:2018年12月26日(水曜日) 13時29分  ID:4-7-2050-3987     印刷用ページ

〜市内飲食店、旅館、ホテル等のみなさまへ〜宮津市地産地消推進店を募集します。情報発信元:産業振興課産業推進係

 宮津市地産地消推進店を募集します。
    募集期間:平成31年2月15日(金)まで

宮津農水商工観連携会議(事務局:宮津市・宮津商工会議所)では、地元産の農林水産物の生産と消費の拡大、そして宮津市の食の魅力の向上を図るため、地元産の食材を使用した料理を積極的に提供する飲食店等を「宮津市地産地消推進店」として認証します。推進店の情報を、市や商工会議所のホームページ、広報誌等を通じて宮津市を訪れる観光客や市民のみなさんに広くPRすることにより、推進店を応援します。
推進店に認証されると
◎ 認証書及び認証プレートを交付します。
◎ 市や商工会議所のホームページ、広報誌等でお店を紹介し、PRします。
◇ 現在、34店舗が認証されています。
推進店のHPは下部関連リンクから
対象となるお店は  ◎ 宮津市内に所在する飲食店、旅館、ホテル等です。
認証の期間は    ◎ 認証の日から平成34年3月31日まです。
※認証期間の満了前にあらかじめ届出がある場合は、自動更新となります。

認証の基準は   
(1) 地元産の食材を積極的に使用し、その料理のPRを行うなど、地産地消の推進に取り組んでいること。
(2) 地元産の食材の使用について、次の要件に該当していること。    
 @ 丹後産米を80パーセント以上使用していること。
 A 地元産の食材を主たる食材として使用した料理を常時3品以上提供していること。
 B 丹後地域の地酒、地ワイン等地元産の食材を使用した飲み物の提供に努めていること。
(3) 使用している地元産の食材をメニュー表、店内の表示板等に分かりやすく表示し、消費者が識別できること。
(4) 店員が、提供する地元産の食材について十分な説明ができること、又はそのための取組を予定していること。
(5) 推進店として市のホームページ等で紹介することを了解すること。
(6) 食品衛生法等の関係法令を遵守していること。
※ 「地元産の食材」とは、丹後地域(宮津市、舞鶴市、京丹後市、伊根町及び与謝野町)で生産(水揚げ)された農林水産物及びそれらを使用した加工品のことをいいます。

応募手続     
◎ 次の書類を、平成31年2月15日(金)までに提出してください。    
 ・ 宮津市地産地消推進店認証申請書     
 ・ 料理の写真、メニュー、お店のパンフレットなど

問い合わせ
 宮津農水商工観連携会議事務局(宮津市産業振興課産業推進係内)
 Tei:0772-45-1663



関連リンク


関連書類
※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)


カテゴリ

  • くらしの情報
産業
最終更新日:2018年12月26日(水曜日) 13時29分  ID:4-7-2050-3987     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1663
ファックス
0772-22-8480
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 〜市内飲食店、旅館、ホテル等のみなさまへ〜宮津市地産地消推進店を募集します。