現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 学校法人大和学園料理メニュー・特産品開発アドバイザー事業のお知らせ

最終更新日:2018年7月4日(水曜日) 11時34分  ID:4-7-2050-3750     印刷用ページ

学校法人大和学園料理メニュー・特産品開発アドバイザー事業のお知らせ情報発信元:産業振興課産業推進係

 市内産農林水産物を使用した料理メニューや特産品(加工食品に限る。)の開発、改良を行おうとする宮津市内の事業者を対象に、「学校法人大和学園料理メニュー・特産品開発アドバイザー事業」を実施します。
 この事業は、より魅力的な料理メニューや特産品の製造販売によって、市内産農林水産物の地産地消を促進し、本市の農林水産業、商工業及び観光業の振興を図るものです。
 アドバイザーは、学校法人大和学園の講師で、指導やアドバイスに要する経費は、宮津市が負担します。

1 事業内容
 (1) 大和学園の講師が、宮津市内の事業者に対し、料理メニューや特産品(加工食品に限る。以下同
    じ。)の開発、改良の取組に関して指導及びアドバイスを行います。
 (2) 料理メニューや特産品は、宮津市産の農林水産物またはそれらを使用した加工食品を使用することが
    条件です。
 (3) 指導及びアドバイスは、1回あたり4時間まで、回数は3回までとします。
 (4) 大和学園の講師が、事業者の指定する場所に赴き、指導及びアドバイスを行うことを基本とします。
 (5) 指導及びアドバイスを要する費用は、市が負担します。ただし、3回を超えて指導及びアドバイスを
    受ける場合並びに大和学園の講師が原材料等を持ち帰り、料理メニューや特産品の試作を行う場合 
    の費用については、事業者の負担となります。
 (6) 原材料費等は、事業者の負担となります。
 (7) 過去に本事業を利用した同一のメニュー・特産品の指導及びアドバイスを希望する場合には、新たな
         課題等が明確になり、さらに改良が必要となった場合に限ります。
     その際の指導及びアドバイスは、1回あたり4時間まで、回数は1回とします。ただし、2回以上の指
    導及びアドバイスを受ける場合並びに大和学園の講師が原材料等を持ち帰り、料理メニューや特産品  
    の試作を行う場合の費用については、事業者の負担となります。

2 申込み
   期限までに、料理メニュー・特産品開発アドバイザー派遣申込書(様式第1号)を提出してください。
  なお、予算の都合により、申込者が一定数に達した場合は、申込受付を締め切ります。

   ○募集期間   平成30年7月5日(木)〜平成30年10月31日(水)



関連リンク


関連書類
※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)


カテゴリ

  • くらしの情報
産業
最終更新日:2018年7月4日(水曜日) 11時34分  ID:4-7-2050-3750     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1663
ファックス
0772-22-8480
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 学校法人大和学園料理メニュー・特産品開発アドバイザー事業のお知らせ