本文へジャンプ

【沿革史抄】

明治 5年 7月  (学制頒布)

    6. 3    宮津校と盡道校創立(3/11) 宮津校は旧礼譲館跡現

            在本校の位置で、旧藩士及び旧城東村の子弟を入れ

            れ、盡道校は西堀川の民家を借り、宮津及び文珠の

            子弟を収容

   19. 4    宮津校と盡道校を合併し宮津尋常小学校と称し、校

            舎は宮津校を男子部、盡道校を女子部とする。

   41. 4    (義務教育年限6年に延長)

        6    文珠に須津校分教場落成

大正 7. 3   男子校女子校を統一し宮津尋常高等小学校と改称

            校舎は依然別々にあり、第1部[男子]、第2部[女子]

      10    校歌制定 (作詞)横尾繁六、(作曲)山本寿

   11.  3   全校舎の完成竣工式を行う。創立以来二つに分かれ

            ていた学校が名実共に統一

昭和 7.  4  南校舎12教室及び体育館竣工

    7. 12   学校給食開始、肝油服用をこのころから開始

    8.  6   本校児童日本一健康優良児として表彰

       11   ピルケ反応(ツベルクリン)を初めて実施

   16.  4   国民学校令施行、宮津国民学校と改称

   17.  9   養護学級を開設

         7   宮津町内空襲  児童1名戦災死

         8   終戦  学徒動員解除

   22.  4   (新学制実施) 宮津町立宮津小学校と改称

         6   給食指定校として給食開始

   26. 12   健康優良校として表彰

   28.   1   大体育館(旧)、南校舎(旧)竣工

   29.  6   (宮津市政施行)宮津市立宮津小学校と改称

   31.  1   健康優良校として表彰

   35.  8   北校舎(現)が竣工

   36.  7   本館(現)が竣工(鉄筋一部3階建)

   47.  6   言語教室開設

         7   プール竣工

   55.  3   南校舎(現)竣工

   59.  9   「天橋義塾跡」の碑が完成

   62.  8   国体開催に備え運動場、大体育館の改修工事施工

   63. 10   京都国体の軟式野球会場、卓球練習会場

平成 4.  4   府教委より教育課程研究モデル校の指定

    5.  4   文部省より教育課程研究校(理科)の指定

        12   教育課程モデル校 1年次研究発表会実施

    6. 11   教育課程モデル校 2年次研究発表会実施

    9.  2   文部省指定同和教育推進総合地域事業中間発表会実施

        11   文部省指定同和教育推進総合地域事業実践発表会実施

   11.  4   京都府教育委員会より平成11・12年度

            教育実践パイロット校総合的な学習の指定

         5   運動会を春季実施とする。

        10   小・中学校教育実践パイロット校教育局別

            実践研究会の研究授業・実践研究発表

   12.  4   コンピュータ・ルーム南校舎1階に完成

        11   平成11年度・12年度教育実践パイロット校

            総合的な学習の時間研究発表会

   13.  4   少人数授業の実施

   14.  4   1年生指導補助講師配置、小中連携(体育)

   15.   4   低学年(1・2年生)指導補助講師配置

   16.   4   少人数学級導入

   17.   4   「食」に関する指導の実践モデル指定校

            学校評価実施 教職員評価研究協力校

   18.   4   教職員評価実施

            学校保健統計調査実施校

   19.   4   カリキュラム開発指定校(社会科)

   20.   11  カリキュラム開発指定校(社会科)中間発表

   22.   3   太鼓門移築完成

   22.   6   プール改修

   23.   3   小体育館解体及び体育館完成

   23.   4   体育館竣工式

  27.  4  上宮津小学校と統合