最終更新日時:2020年9月1日(火曜日) 08時48分  ID:2-5-22-4594

便槽への雨水流入に注意しましょう 〜大雨に備えて〜

 

■便槽への雨水流入に注意しましょう
  これから、台風のシーズンを迎えます。
  例年、し尿くみとりをされている建物で、浸水等が発生した際に、便槽内に雨水が入ってしまう事象が
 発生しております。
  そのようなことを防止するためにも、大雨が予想される時は、次の対策をお願いします。

 @便槽のフタを外し、ビニール袋等で雨水が入らないようにくみとり口全体を覆った後、フタを元に戻す。 
   (下記の雨水流入対策(例)のとおり)

 A床上浸水が発生した場合、屋内の便器から雨水が入る可能性もあります。
  その際は、便器の中に雨水が入らないように注意してください。

 ※万一、便槽内に雨水が入ったら…
  原則、地区の予定日又は臨時くみとり日に収集することになりますが、その時の状況により判断
 しますので、市民課環境衛生係までお問合せください。 

関連リンク

  • し尿くみとり予定表(令和2年7月〜令和3年2月)  (http://www.city.miyazu.kyoto.jp/www/info/detail.jsp?id=4143)

関連書類

  • 雨水流入対策(例) (PDF形式/1,587キロバイト)

カテゴリ

くらしのシーン
  • 引越・住まい
生活環境
  • 廃棄物・衛生

情報発信元

市民課環境衛生係 
住所
626-8501  京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1617
ファックス
0772-25-1691