最終更新日時:2018年8月31日(金曜日) 14時34分  ID:2-5-4087-3825

秋の全国交通安全運動が始まります!

 市民の皆様に交通安全思想の普及・浸透を図るとともに、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を啓発するため、本年も「秋の全国交通安全運動」を下記のとおり実施します。

 9月21日(金)には、宮津市役所にて秋の全国交通安全運動スタート式を開催します。暁星幼稚園の園児のみなさんと宮津警察署の一日署長さんが来られます!

 交通安全啓発グッズも用意していますので、みなさんぜひお越しください。

 【秋の全国交通安全運動スタート式】

 日時 : 9月21日(金) 午後1時30分から午後2時頃まで

 場所 : 宮津市役所

 
◆運動スローガン
『 周り見る 心の余裕が 事故防止 』

◆実施期間
 平成30年9月21日(金曜日)から9月30日(日曜日)までの10日間
 交通事故死ゼロを目指す日 9月30日(日曜日)

◆運動重点
◇子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
 児童の交通事故は登下校中に多く発生しています。
 また、交通事故死者の半数以上は高齢者です。通り慣れた道路でも、信号を守る、横断禁止場所は横断しないなどの交通ルールを守りましょう。

◇夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
 視界が悪くなる夕暮れ時や夜間は、反射材等を身に付けて自分の存在を知らせましょう。
 夕暮れ時の早めのライト点灯を徹底しましょう。
 京都府内では、平成30年4月から自転車損害保険等の加入が義務となっています。万が一に備えて、自転車保険に加入しましょう。

◇全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

  運転者は、後部座席を含めた全ての座席でシートベルトやチャイルドシートが正しく着用されていることを確認しましょう。
 チャイルドシートは、子供の体格にあったものを選びましょう。


◇飲酒運転の根絶
 わずかなお酒でも注意力や判断力を低下させるおそれがあります。
 飲んだら「運転しない」、「運転させない」を徹底しましょう。

◇二輪車の交通事故防止
 長時間のツーリング等では、ゆとりを持った計画を立てるとともに、適宜休憩をとり、安全運転を心がけましょう。

 二輪車を利用する人は事故の被害が軽減できる服装、靴、胸部プロテクターの着用に努め、ヘルメットのあごヒモをしっかり締める等、正しい着用を徹底しましょう。


ご案内

問い合わせ先 企画政策課人権啓発係
電話番号 0772-45-1615
FAX番号 0772-22-8480
メール jinken@city.miyazu.kyoto.jp

関連リンク

  • 京都府HP「平成30年の交通安全府民運動」  (http://www.pref.kyoto.jp/kotsuanzen/1299571444657.html)

関連書類

  • 平成30年秋の全国交通安全運動(内閣府ポスター) (PDF形式/397キロバイト)
  • 平成30年秋の全国交通安全運動(内閣府チラシ) (PDF形式/356キロバイト)

カテゴリ

生活環境
  • 道路・交通
安全・安心
  • 交通安全

情報発信元

市民課人権啓発係 
住所
626-8501  宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1615
ファックス
0772-25-1691