最終更新日時:2020年4月8日(水曜日) 11時07分  ID:2-5-21-1614

福祉医療・後期高齢者医療制度

  市では医療が受けやすいように、健康保険で受診した時の自己負担分を一部または全額給付する福祉医療制度を設けています。次の条件を満たす方には、申請により医療機関で使用できる受給者証などを交付します。

事業名

対象

老人医療費支給事業
(所得制限あり)

65歳から70歳未満で、次のいずれかにあてはまる方は、医療費の自己負担分が2割となります。

<平成27年8月以降に65歳になられる方>
 ●本人及び生計維持者に所得税が課されていない方
<平成27年7月末までに65歳になられた方>
 次の@〜Cのいずれかに該当する方(所得制限あり)
 @ねたきりの方
 A一人暮らしの方
 B老人世帯(世帯全員が60歳以上の方)
 C本人及び生計維持者に所得税が課されていない方

重度心身障害児者医療費支給事業
(所得制限あり)

65歳未満及び65歳以上で後期高齢者医療制度の被保険者でない方で、次のいずれかにあてはまる方は、医療費の自己負担分を市が負担します。
 @身体障害者手帳1〜2級をお持ちの方
 AIQ35以下の判定を受けた方
 B身体障害者手帳3級を持ちIQ50以下の判定を受けた方

重度心身障害老人健康管理費支給事業
(所得制限あり)

後期高齢者医療制度の対象者で、次のいずれかにあてはまる方は、医療費の自己負担分を市が負担します。
 @身体障害者手帳1〜2級をお持ちの方
 AIQ35以下の判定を受けた方
 B身体障害者手帳3級を持ちIQ50以下の判定を受けた方

ひとり親家庭医療費支給事業
(所得制限あり)

ひとり親の母子(父子)家庭世帯の満18歳に到達した以後最初の3月31日までの児童とその親、両親のいない児童、寝たきりの父(母)または重度の障害を持つ父(母)がいる世帯の児童については、医療費の自己負担分を市が負担します。

子育て支援医療費助成事業

出生時から中学校卒業までの子どもについては、医療費の自己負担分から1ヶ月1医療機関200円を差し引いた分を市が負担します。

 ◎福祉医療の申請に必要な物・・・健康保険証・印鑑
 ◎受給者証は京都府外では利用できませんので、府外で受診された場合は、別途支給申請が必要となります。

福祉医療(老人・障害・ひとり親)費受給者証などの更新について

 子育て支援医療制度を除く福祉医療費受給者証の有効期限は7月31日までです。引き続き該当する方には、新しい受給者証を7月末までに郵送します。該当しない方には該当しない旨の通知を郵送します。

◎後期高齢者医療制度

75歳以上の方及び65歳以上75歳未満の方で一定の障害のある方は後期高齢者医療制度に該当します。


 制度については京都府後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

関連リンク

  • 京都府後期高齢者医療広域連合  (http://www.kouiki-kyoto.jp/gaiyou.html)

カテゴリ

くらしのシーン
  • 出産・育児
手続き
  • 届出・証明
  • 福祉医療・後期高齢者医療制度
健康・福祉
  • 保健・医療
  • 子どもの福祉

情報発信元

税務・国保課国保年金係 
住所
626-8501  京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1616
ファックス
0772-25-1691