最終更新日時:2018年5月30日(水曜日) 18時52分  ID:2-12-85-1069

宮津市の監査

◎監査委員制度
 市の行政が適法でかつ合理的、効率的にされているかどうかを監査するための機関として、地方自治法により、監査委員制度が設けられています。宮津市は、条例で定数は2人(識見を有する者1人、議員のうちから選出される者1人)となっています。

◎監査委員の仕事
 地方自治法などに基づいて、市の財務に関する事務の執行及び経営に係わる事業の管理が適正かつ効率的に行なわれているかなど、行政運営全般について監査を行ないます。

◎主な監査の種類

監査の種類

概要

定期監査

市の財務に関する事務の執行が、適正かつ効率的に行われているかどうかに着目して監査を行います。

例月出納検査

会計管理者、公営企業管理者の保管する現金、出納関係諸表等の計数を確認するほか、出納事務が適正に行われているかどうかに着目して検査をします。

決算審査

一般会計・特別会計・水道事業会計の決算書やその他関係諸表等の計数を確認し、予算の執行又は事業の経営が適正で効率的に行われているかどうかに着目して審査をします。

基金の運用状況審査

特定の目的ために積み立てられた定額の基金について、運用状況報告書やその他の証拠書類の係数を確認し、運用状況の適否の審査をします。

健全化判断比率・資金不足比率等審査

健全化判断比率・資金不足比率等について、計数を確認し、書類作成の適否の審査をします。

その他の監査

@随時監査 A行政監査  B市長からの要求監査

C直接請求監査 D議会からの要求監査 E住民監査請求による監査など

 

【監査実施の状況】

 監査委員は、監査の結果を議会、市長、関係の行政委員会等に提出し、公表することとされています。

 (随時公表する予定です)

区分

監査対象等

提出年月日

平成29年度定期監査結果

平成29年度に執行された財務に関する事務

平成30年3月26日

平成29年度定期監査結果に係る

措置状況

定期監査の指摘事項に係る措置状況

平成30年5月30日

平成28年度健全化判断比率等審査

一般会計

平成29年8月21日

平成28年度一般会計等決算審査

一般会計・特別会計及び基金の運用状況

平成29年8月21日

平成28年度水道事業会計決算審査

水道事業会計

平成29年8月21日

 

 

関連書類

  • 平成29年度定期監査 (PDF形式/204キロバイト)
  • 平成29年度定期検査結果に係る措置状況 (PDF形式/122キロバイト)
  • 平成28年度健全化判断比率等審査 (PDF形式/118キロバイト)
  • 平成28年度一般会計等決算審査 (PDF形式/580キロバイト)
  • 平成28年度水道事業会計決算審査 (PDF形式/578キロバイト)

カテゴリ

宮津市の紹介
  • 市役所の組織機構
監査
  • 宮津市監査委員

情報発信元

監査委員 
住所
626-8501  京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1644
ファックス
0772-22-2890