現在の位置: トップ > お知らせ > 〜丹後の宮津を発信〜 宮津おどり振興会

最終更新日:2013年7月5日(金曜日) 14時32分  ID:2-2-5-919     印刷用ページ

〜丹後の宮津を発信〜 宮津おどり振興会情報発信元:総務課秘書広報係

(広報誌みやづ平成21年6月号に掲載した内容です)

会 長 西村 弘さん
問合せ 副会長:神田由里子さん(TEL22-7676)
 
 今回は、地域の伝統芸能宮津おどり≠伝承されている「宮津おどり振興会」を紹介します。
 現在、会の副会長で、踊りの指導者でもある神田由里子さんにお話を伺いました。

宮津天橋立をPR
 
 伝統芸能「宮津おどり」を通じて、宮津天橋立をPRし、観光振興に生していこうということを目的に、昭和31年に設立。
 日本各地、また海外の催しに出演するなど、宮津のPR、日本文化の紹介をしてきました。現在は、地元での活動が中心ですが、宮津市で開催されるイベントなどで、地域の伝統芸能として出演させていただいています。
 現在メンバー30人(地方含む)。一時期より減ってきているのが現状です。私たちは、皆さんに見ていただく事が多いので、正直稽古は厳しいです。でも、踊りが好きだという方なら、誰でも大歓迎です。興味のある方は、ご連絡ください。 
 
  
踊りで街を元気に!
  
今年はうれしいことがありました。宮津小学校から依頼があって、運動会で、子どもたちやPTAの方たちと一緒に踊れたことです。この事は今まで待ちに待っていた事なので、大変うれしく思いました。
 これからは、宮津市内の全ての小学校・中学校・高校でも取り入れていただければと願っています。そうすればきっと、市民みんなの体に染み込んだ踊りになるはず。私たちも、大いにお手伝いしますので、ぜひともよろしくお願いします。
 徳島の阿波踊りなど、地域が盛り上げて踊りが地域ブランドになっているところもたくさんあります。「丹後の宮津でピント出した」の宮津節と松坂、あいやえの三つを組み合せた「宮津おどり」。市民みんなで盛り上げ、踊りで街を元気にしたいと思っています。
 宮津燈籠流し花火大会の市民総おどり大会が近づいてきました。上手い下手は関係ない。市民みんなで楽しく踊りましょう。


 


カテゴリ

  • くらしの情報
教育・文化
最終更新日:2013年7月5日(金曜日) 14時32分  ID:2-2-5-919     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1604
ファックス
0772-25-1615
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置: トップ > お知らせ > 〜丹後の宮津を発信〜 宮津おどり振興会