現在の位置: トップ > お知らせ > 麻薬・覚醒剤乱用防止運動について

最終更新日:2020年11月26日(木曜日) 08時12分  ID:2-6-2836-4844     印刷用ページ

麻薬・覚醒剤乱用防止運動について情報発信元:健康・介護課健康増進係

京都府では、薬物乱用のない明るい社会環境をつくることを目的として、10月1日から11月30日まで「薬物・覚醒剤乱用防止運動」を実施しています。

[薬物の特徴]
○依存症
 「1回ぐらいなら」と思っていても薬物の効果が切れるとまた使いたくなり、次第に自分の意思では止められなくなります。
 また、薬物を入手するため恐喝や強盗、幻覚や妄想等による弊害、殺人などの犯罪を起こし、自分だけではなく家庭の崩壊、社会生活の破壊を招く要因となります。
○フラッシュバック
 薬物の乱用をやめ、表面的には普通の生活に戻ったようにみえても、アルコールを飲んだり、ストレス、疲労などの小さなきっかけで幻覚、妄想などの精神異常が再燃します。

※薬物乱用に対する理解を深め、絶対に手を出さないという自覚が大切です。



カテゴリ

  • くらしの情報
健康・福祉
最終更新日:2020年11月26日(木曜日) 08時12分  ID:2-6-2836-4844     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字浜町3012番地 宮津阪急ビル(ミップル)4階
電話番号
0772-45-1624
ファックス
0772-22-8438
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置: トップ > お知らせ > 麻薬・覚醒剤乱用防止運動について