現在の位置: トップ > お知らせ > 宮津市在宅医療・介護連携シンポジウム

最終更新日:2019年7月8日(月曜日) 08時46分  ID:2-6-29-4200     印刷用ページ

宮津市在宅医療・介護連携シンポジウム情報発信元:健康・介護課介護予防係(地域包括支援センター)

宮津市在宅医療・介護連携シンポジウム
「住み慣れた地域で自分らしく生きるために〜聞いておきませんか?話しておきませんか?」を開催します。
 と き  7月20日(土) 午後2時〜4時
 ところ  みやづ歴史の館 文化ホール
 主 催  宮津市・一般社団法人与謝医師会

超高齢社会を迎え、人生の最終段階において医療・介護の内容等を本人に確認できない場面が増えています。住み慣れた地域で自分らしく過ごすことができるよう、もしもの時に備えて前もって自らの意思を家族や親しい人たちに伝えておく、また、家族がその思いを聞いておくことの大切さを考えるシンポジウムを開催します。宮津市在宅医療・介護連携シンポジウムは、平成27年から毎年開催し5回目となりますが、初めて「意思決定」をテーマとしました。「意思」を伝える側、聞いておく側など、さまざまな方に参加していただきたいシンポジウムです。参加無料、事前申込不要。どなたでもお気軽に参加ください。

【パネルディスカッション】

パネリスト  
今出 陽一朗氏(今出クリニック院長、社会福祉法人北星会理事長)
西原   寛  氏(西原医院院長)
伏木 マサエ氏(訪問看護ステーションさくら管理者)
高橋 奈津子氏(京都府立医科大学附属北部医療センター地域連携室看護師長
向山 純 子 氏(天橋園居宅介護支援事務所副主任、主任ケアマネージャー
正木 菜穂子氏(特別養護老人ホーム天橋の郷 生活相談員)
コーディネーター 
山根 行雄氏(山根医院院長、一般社団法人与謝医師会会長)

三原みゆき 氏(宮津市健康福祉部健康・介護課主任)




カテゴリ

  • くらしの情報
くらしのシーン
健康・福祉
最終更新日:2019年7月8日(月曜日) 08時46分  ID:2-6-29-4200     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字浜町3012番地 宮津阪急ビル(ミップル)4階
電話番号
0772-45-1620
ファックス
0772-22-8438
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置: トップ > お知らせ > 宮津市在宅医療・介護連携シンポジウム