現在の位置: トップ > お知らせ > 「宮津天橋立とり貝昼処」がスタートします

最終更新日:2019年6月19日(水曜日) 18時23分  ID:2-7-2050-3271     印刷用ページ

「宮津天橋立とり貝昼処」がスタートします情報発信元:商工観光課商工係

4月25日(木)から丹後とり貝の出荷が始まり、市内19店舗で、丹後とり貝が気軽に食べられる「宮津天橋立とり貝昼処」をスタートします。これは、地産地消と食の魅力を活かした観光の魅力づくりを目的とした取組で、今年度が13年目となります。

【宮津天橋立とり貝昼処】
 〇実施期間
   令和元年5月7日〜6月下旬頃まで
    ※4月25日の出荷からスタートしている店舗が一部あります。
    ※出荷の状況等により期間の終了時期は変動します。
 〇登録店舗
   市内19店舗
 〇丹後とり貝昼処マップ
   店舗情報等は関連リンクのホームページをご覧ください。  

【丹後とり貝の概要】
丹後とり貝は、宮津湾、栗田湾、舞鶴湾、久美浜湾で育成しているとり貝であり、その大きさは一般のとり貝と比べると一回り以上も大きく、肉厚で柔らかく独特の甘みがあります。




関連リンク


関連書類
※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)


カテゴリ

  • くらしの情報
産業
最終更新日:2019年6月19日(水曜日) 18時23分  ID:2-7-2050-3271     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1663
ファックス
0772-22-8480
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置: トップ > お知らせ > 「宮津天橋立とり貝昼処」がスタートします