現在の位置: トップ > お知らせ > 宮津中学校 特別支援教育

最終更新日:2013年3月19日(火曜日) 17時28分  ID:2-11-69-283     印刷用ページ

宮津中学校 特別支援教育情報発信元:宮津中学校

「特別支援教育」とは、従来「障害児教育」と呼ばれていた教育の名称と内容が変わったものです。従来の「障害児教育」の内容に、新たに通常の学級の中にいる、LD(学習障害)・ADHD(多動・衝動性障害)・PDD(自閉症スペクトラム)といった障害をもつ生徒にも手だてを行うようになりました。
宮津中学校での特別支援教育は以下の通りです。



特別支援学級

通級指導教室

その他の支援

・「5組」と呼ばれるクラスで、現在5名の生徒が学んでいます。


・学習内容が理解できるようゆっくり、丁寧に、少しずつ学習をしていきます。


・行事・音楽・体育は交流学級で活動をしています。


・進路は、高等学校や与謝の海養護学校高等部に進学しています。

・「SS教室」と呼ばれる教室です。現在8名の生徒がこの教室で学んでいます。
SSは、スモールステップという意味です。


・特に学びにくい教科や社会性・対人関係を身につけるためのトレーニングを行っています。


・通常は、自分の学級で学んでいますが、一部の教科を取り出し、この教室で学習します。

・学習相談は、夏季・冬季休業中に全校生徒を対象とした希望者によりLL教室で実施しています。



・補習は、対象者を限定し夏季・冬季休業中に実施しています。



・通級担当の教員が、学級の授業にTTとして入り、指導します。

生活や学習のことで何かお困りの様子がありましたら、担任・担当の教員にご相談ください。


カテゴリ

  • くらしの情報
教育・文化
最終更新日:2013年3月19日(火曜日) 17時28分  ID:2-11-69-283     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-0008 京都府宮津市字万年220番地
電話番号
0772-22-4305
ファックス
0772-22-4308
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置: トップ > お知らせ > 宮津中学校 特別支援教育