現在の位置: トップ > お知らせ > 金剛心院の「木造地蔵菩薩立像」が京都府指定文化財に指定されました

最終更新日:2015年3月24日(火曜日) 09時34分  ID:2-11-76-2402     印刷用ページ

金剛心院の「木造地蔵菩薩立像」が京都府指定文化財に指定されました情報発信元:社会教育課社会教育係

 平成27年2月に京都府文化財保護審議会(高橋康夫会長)から答申を得て、平成27年3月12日開催の京都府教育委員会定例会で、金剛心院の「木造地蔵菩薩立像」が京都府指定文化財に指定されました。
※京都府指定等文化財の指定等は、今回の指定で宮津市内の件数は合計40件になります。

【木造地蔵菩薩立像の概要】

比叡山横川戒心谷知見坊の地蔵菩薩像は、平安時代の恵心僧都源信(942-1017)の本尊として広く信仰を集めました。霊験像として著名で、その姿、胎内納入品、願文などを踏襲した仏像が鎌倉時代を中心に数多く造立されたことが知られています。源信の自作像と伝わる日置金剛心院の本像は、源信像立像を模したことが納入願文によって明らかであるケルン東洋美術館像と姿・寸法・衣文まで一致しており、戒心谷像の稀少な模刻像と考えられます。さらに丹後郷土資料館・東京文化財研究所のX線透過撮影によって刀・笛・貨幣など多彩な納入品が確認され、戒心谷像の納入品を踏襲したと考えられている清凉寺・寂光院等のものと構成が同じであることが明らかになりました。姿・納入品ともに源信本尊を正確に模したものである可能性は学術的に注目されるものであり、また模刻・多種納入を考察する上で大変貴重な像です。

 





ご案内

問い合わせ先 宮津市教育委員会事務局総括室社会教育係
電話番号 0772-45-1642
FAX番号 0772-22-8438

カテゴリ

  • くらしの情報
教育・文化
最終更新日:2015年3月24日(火曜日) 09時34分  ID:2-11-76-2402     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1642
ファックス
0772-22-8438
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置: トップ > お知らせ > 金剛心院の「木造地蔵菩薩立像」が京都府指定文化財に指定されました