現在の位置: トップ > お知らせ > 地震から身を守る

最終更新日:2013年3月19日(火曜日) 14時00分  ID:2-2-6-201     印刷用ページ

地震から身を守る情報発信元:消防防災課消防防災係

 災害時は自分の身を自分自身で守ることが大切です。
阪神・淡路大震災では、防災関係機関による被災者の救出活動等が行われましたが、ボランティアや隣近所の助け合いによっても、多くの人命が救助されました。
イザというと時に備え、自治会、隣近所で防災について協議し、お互いの助け合いにより円滑な防災活動ができる自主防災組織の体制を整備することが、被害を最小限に抑さえる結果につながります。
 日頃から万一の地震災害に備え、住宅の安全チェック、備蓄品、避難経路、避難場所や地震発生時の対応等の確認も大切です。

1.安全チェック 日ごろから家具等、家の中や周囲の点検をしましょう。 2.家庭内に食糧、日用品等の備蓄 備蓄は最低三日分 飲料水保存量は最低一人一日3リットル。 3.家庭の防災会議の開催 家族全員でいざというときに備え話し合いを持ちましょう。 避難場所・避難経路の確認 ・家庭内備蓄品の準備と点検 ・非常持ち出し品の準備と点検 ・役割分担と災害時の行動 ・消火用品、救急医薬用品の置場所や使い方 ・家族の連絡方法 4.非常持出品を用意 いざというときすぐに持ち出せるように用意しておきましょう。

カテゴリ

  • くらしの情報
消防・防災
最終更新日:2013年3月19日(火曜日) 14時00分  ID:2-2-6-201     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1605
ファックス
0772-25-2119
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置: トップ > お知らせ > 地震から身を守る