現在の位置: トップ > お知らせ > みやづ歴史紀行(第31回)

最終更新日:2014年3月18日(火曜日) 13時51分  ID:2-11-76-2004     印刷用ページ

みやづ歴史紀行(第31回)情報発信元:社会教育課社会教育係

『細川藤孝がみた天橋立』

 天正八年(一五八〇)、丹後に入国した細川藤孝【ふじたか】は天橋立を訪れ、二首の和歌を詠みました。

 (一)そのかみに契りそめつる神代まで

かけてぞ思う天の橋立

(二)いにしえにちぎりし神のふた柱

いまも朽ちせぬ天橋立

 「神代までかけてぞ思ふ」は『丹後国風土記』の神話的な世界観を、「いにしえのちぎりし神のふた柱」は『九世戸縁起【くせのとえんぎ』(天橋立の成り立ちなどを記した巻物)の「伊弉諾尊【いざなぎのみこと】、伊弉冉尊【いざなみのみこと】の二神」を踏まえたものと考えられ、藤孝の文学的な教養がにじみ出ています。

また、天正一四年(一五八六)、藤孝により丹後に招かれた神道家の吉田兼見【かねみ】は、宮津から智恩寺に至って休憩した後、縁起などを一覧し、天橋立の切戸を舟で渡っています。

兼見がみた「縁起」は、『九世戸縁起』をさすと考えられ、藤孝も和歌に詠んでいることから、当時の文人の間で『九世戸縁起』は有名な存在だったと思われます。

その内容は、神仏習合の世界観に彩られ、現代の感覚とはかけ離れたものです。しかし、当時の人たちは、現実味をもって『九世戸縁起』を読んだ可能性があり、その世界観を通して天橋立を眺めていたとも考えられます。

細川藤孝のみた天橋立は、現在の私たちが見るそれとは、趣を異にしていたのかもしれません 。

(宮津市教育委員会)


関連書類
※ダウンロードします。 (関連書類をご覧になるには)


カテゴリ

  • くらしの情報
教育・文化
最終更新日:2014年3月18日(火曜日) 13時51分  ID:2-11-76-2004     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字浜町3012番地 宮津阪急ビル(ミップル)4階
電話番号
0772-45-1642
ファックス
0772-22-8438
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置: トップ > お知らせ > みやづ歴史紀行(第31回)