現在の位置: トップ > お知らせ > 宮津藩主本庄上菩提寺 大頂寺

最終更新日:2013年4月2日(火曜日) 15時28分  ID:2-2-5-1110     印刷用ページ

宮津藩主本庄上菩提寺 大頂寺情報発信元:総務課秘書広報係

(広報誌みやづ平成19年9月号に掲載した内容です)
 今回は寺町界隈にある数多くの寺の中から、大頂寺を取り上げます。大頂寺は京極高知により慶長11年(1606年)に建てられました。浄土宗の寺で御本尊を阿弥陀如来としており、丹後与謝霊場第十八番札所となっています。


  大頂寺は宮津藩主本庄家の菩提寺です。本庄家は徳川家と姻戚関係にあたるため、本堂とは別棟にある御霊屋は、徳川家康公を奉祀する日光東照宮を小さくした造りになっています。
本堂の北側の一室では、徳川家康公から六代将軍の家宣公までの御位牌を祀っています。 
 その他、徳川五代将軍綱吉公直筆掛け軸など、貴重な史料を数多く常設展示しています。
 住職の土方了哉さんがいらっしゃる時は、説明をしていただけます。


【インフォメーション
所在地 宮津市字金屋谷
アクセス KTR宮津駅から徒歩15分
問合せ TEL 25−2045

カテゴリ

  • くらしの情報
産業
最終更新日:2013年4月2日(火曜日) 15時28分  ID:2-2-5-1110     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1604
ファックス
0772-25-1615
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置: トップ > お知らせ > 宮津藩主本庄上菩提寺 大頂寺