現在の位置: トップ > お知らせ > 江戸時代の商家で国指定重要文化財 旧三上家住宅

最終更新日:2013年4月2日(火曜日) 15時27分  ID:2-11-2839-1109     印刷用ページ

江戸時代の商家で国指定重要文化財 旧三上家住宅情報発信元:文化振興課文化振興係

(広報誌みやづ平成19年7月号に掲載した内容です)
 旧三上家住宅は、江戸時代に糸問屋や酒造業、廻船業などを営んでいた商家「三上家」の住宅でした。美しい漆喰の白壁で覆われたどっしりとしたたたずまいは、江戸時代から続いた豪商の家にふさわしい風格があります。

 三上家は安永五年(一七七六年)に、河原町に家屋敷を得て分家したことに始まると伝えられています。しかし、天明三年(一七八三)に発生した宮津大火(晒屋火事)で焼失。現存する建物は、この火事以降に建て替えられ、しっかりとした耐火構造を備えています。
 建物の中には、酒造業を営んでいた当時を彷彿とさせる酒造施設や、京都府指定名勝「三上家庭園」、格式高い座敷など、貴重で興味深い見所が数多くあります。


【インフォメーション
所在地 宮津市字河原
アクセス パーキングはままちから徒歩約5分
開館時間 午前9時〜午後5時
     (入館午は後4時30分まで)
入館料 一般350円 小中学生250円
休館日 年末年始(12月29日〜1月3日)
問合せ TEL22-7529

カテゴリ

  • くらしの情報
産業
最終更新日:2013年4月2日(火曜日) 15時27分  ID:2-11-2839-1109     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字浜町3012番地 宮津阪急ビル(ミップル)4階
電話番号
0772-45-1669
ファックス
0772-22-8438
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置: トップ > お知らせ > 江戸時代の商家で国指定重要文化財 旧三上家住宅