現在の位置: トップ > お知らせ > 日本三文珠の一つ 智恩寺

最終更新日:2013年4月2日(火曜日) 15時20分  ID:2-2-5-1103     印刷用ページ

日本三文珠の一つ 智恩寺情報発信元:総務課秘書広報係

(広報誌みやづ平成20年2月号に掲載した内容です)
 智恩寺は、智恵を授かる文殊菩薩を本尊としており、受験生やその家族など数多くの方が、お参りに訪れます。通称「切戸文殊」と呼ばれ、山形県の「亀岡文殊」、奈良県の「安倍文殊」とともに「日本三文殊」の一つとして親しまれています。
 茶屋通りに面した山門は、明和4年(1767年)の再建の時に、後桜町天皇と桜町上皇から、黄金・白銀をいただいたことから「黄金閣」と呼ばれます。本堂の屋根は優美な宝形造りをしており、江戸時代中期に現在のような姿に建て替えられたと言われています。他にも「騎獅文殊菩薩像」や「和泉式部の歌塚」、「多宝塔」など、多くの貴重な文化財があります。
 また、毎年1月10日には、「文殊堂十日えびす」が開催されます。商売繁盛や学業成就などを願うたくさんの参拝者で賑わいます。 

【インフォメーション】
所在地
 宮津市字文珠
アクセス
 KTR天橋立駅から徒歩約5分
拝観料 無料

カテゴリ

  • くらしの情報
産業
最終更新日:2013年4月2日(火曜日) 15時20分  ID:2-2-5-1103     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号
0772-45-1604
ファックス
0772-25-1615
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置: トップ > お知らせ > 日本三文珠の一つ 智恩寺