現在の位置:トップ > 行事案内 > シンポジウム「1908年、古代、いま -ケラーマンと宮津の時空間」

最終更新日:2019年1月21日(月曜日) 10時37分  ID:3-11-76-4008     印刷用ページ

シンポジウム「1908年、古代、いま -ケラーマンと宮津の時空間」情報発信元:社会教育課社会教育係

開催日 2019年2月10日(日曜日)
開催場所 みやづ歴史の館
百年前、日本を訪れたドイツの作家ケラーマンが惹かれ、生き生きと書き残したのは、宮津の花街で見ることができた、さまざまな踊りでした。
ケラーマンの文学にも見られる、宮津市域の伝統的祭礼・芸能・文化に関し、京都府立大学の研究者らが行った研究と映像制作について、講演と映像上映会、シンポジウムを行います。

☆会場

宮津歴史の館 文化ホール


☆プログラム

12時30分 開場
13時    開会

講演1 田中まり氏(富山大学非常勤講師/ドイツ文学)
「百年前のディープジャパン -作家ケラーマンが惹かれた宮津」

講演2 河森一浩(宮津市教育委員会/考古学)
「考古学からみる聖地、霊場 -古代・中世の『天橋立』」

休憩10分

映像「さっさよやっさを探して -宮津と神話編(仮)-」上映

トークディスカッション「2018年の映像制作とケラーマンの宮津をめぐって」
今貂子氏(舞踏家/映像出演者)、徳田誠一郎氏(「清輝樓」第十三代主人)、田中まり氏、河森一浩、古木洋平氏(映像撮影者)、松田法子氏(京都府立大学/研究代表者)

15時30分 閉会


ご案内

時間 13時から15時30分
場所 みやづ歴史の館
対象 どなたでも
定員 280名
料金 無料
申込み情報 特に必要ありません。

カテゴリ

  • くらしの情報
教育・文化
  • 観光情報
イベント
最終更新日:2019年1月21日(月曜日) 10時37分  ID:3-11-76-4008     印刷用ページ

情報発信元

住所
626-8501 京都府宮津市字浜町3012番地 宮津阪急ビル(ミップル)4階
電話番号
0772-45-1642
ファックス
0772-22-8438
この部署・施設へのお問い合わせ

アンケート

より良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。
Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

現在の位置:トップ > 行事案内 > シンポジウム「1908年、古代、いま -ケラーマンと宮津の時空間」